デリケートゾーンの黒ずみの原因、及びその解消方法について

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

デリケートゾーンの黒ずみがコンプレックスとなっている女性は、近年多くなってきたといわれています。とりわけ、小さな下着やティーバックなどを穿こうとするとどうしても除毛処理が必要になってきます。何せ、アンダーヘアーがはみ出していたら恰好悪いですからね。おまけにそんな除毛処理をしたら、今まで気が付かなかったデリケートゾーンの黒ずみも気になってしまうかもしれませんね。それでは、そうしたデリケートゾーンの黒ずみの原因とはそもそも何なのでしょうか?それは、小さな下着による刺激が原因となって、皮膚の基底層にできるメラニン色素であるといわれています。要するに、メラニン色素が過剰に生成されるのは下着による皮膚への刺激を軽減するための防御反応の一種であるのだといいます。その他にも女性であれば、生理の時のナプキンやオリモノシートなども皮膚への圧迫や摩擦を生じさせるために、メラニン色素が過剰に生成されてしまい黒ずみの原因となってしまうのです。そしてメラニン色素が過剰に生成される要因には、下着による締め付けや生理用品による圧迫だけではありません。不規則な生活や食生活が乱れ、あるいはストレスなどでホルモンバランスが乱れてしまうと、皮膚の新陳代謝機能も乱れてしまいます。そうなると、古い角質層がいつまでも剥がれ落ちなくなってしまい、それと同時に古い角質層に生成されているメラニン色素も排出されなくなってしまいます。そうしたこともデリケートゾーンの黒ずみの原因となってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法とは?

それでは、デリケートゾーンの黒ずみを解消するにはどうしたらよいのでしょうか?それにはまずは、デリケートゾーンに刺激を与えるような小さな下着を身に着けないようにすることが大切です。またお風呂で毎日身体を洗う際にも、ナイロン製のタワシタオルでゴシゴシと洗うのも禁物です。そして、通常の石鹸やボディーソープよりもデリケートゾーン専用の石鹸を使うことをお勧めいたします。とくに膣内には、常在菌が常駐していてばい菌の侵入を防いでおり弱酸性に保たれています。ところが、洗浄力の強いアルカリ性の石鹸やボディーソープで膣内を洗ってしまうと、ばい菌の侵入を防いでくれている常在菌まで洗い流してしまう結果にもなるのです。またその後のスキンケアについても、顔だけでなくデリケートゾーンのスキンケアも大切です。しかも専用の美白クリームを使用すると、黒ずみを抑制してくれる効果が期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみの要因・オーバーサイクルを正常に保つ

さらには、お肌のターンオーバーサイクルが乱れないように、常に正常に保つ努力も必要です。そのためには、規則正しい生活習慣や正しい食生活をするということが大切です。あるいはストレスを受けないようにストレスを緩和させる努力も必要です。またスキンケア用の美白クリームには、メラニン色素を抑える美白成分が配合されているだけでなく、保湿成分も配合されています。とくに美白クリームに配合されている保湿成分は、お肌のターンオーバーサイクルを正常に保つ上では大切な成分となります。やはりお肌に保湿成分が少なくなると、どうしても乾燥肌になってしまいます。そうなると、お肌がカサカサになり痒みが強くなるので、爪や指でついひっかいてしまいます。そんな刺激をお肌に与えようものならば、すでに申し上げたようにメラニン色素が過剰に生成されてしまいます。そうしたことからも乾燥は、お肌が黒ずんでしまうので大敵なのです。それから、保湿成分は美白クリームだけでなく食事からも摂ることができます。例えばお肌の保湿には、タンパク質やビタミン類などの栄誉素が含まれた食べ物を食べるとよいといいます。以上申し上げたようなことを実践することで、デリケートゾーンの黒ずみを抑えることができるのです。