デリケートゾーンの黒ずみ解消にお勧めしたい石鹸とは?

デリケートゾーンの黒ずみを解消するセルフケアについて

デリケートゾーンの黒ずみを解消するために、自宅でセルフケアをする場合にはどんな商品を使うのかということはとても重要な要素となります。そのため、ネット通販で人気の高い美白クリームを選ぶというのが妥当だといえます。そうすることによって、デリケートゾーンの黒ずみを解消する効果も期待できる最短の道だといえます。とりわけ、近頃の人気の高い美白クリームには、美白成分と保湿成分が配合されている点が大きな特徴として挙げられます。そこで、毎日お風呂から上がった後に顔のスキンケアをするとの同様に、デリケートゾーンの黒ずみのケアをこうした美白クリームで行うとかなり黒ずみを解消することのできる効果も期待できるのではないでしょうか。そうした美白クリームと同時に取り入れたいのが、お風呂でデリケートゾーンを洗う際に使用する石鹸です。この石鹸についても、近頃ではデリケートゾーンに特化した専用の石鹸が販売されています。もちろん、それ自体には、美白クリームのようなデリケートゾーンの黒ずみを解消する効果は期待できません。ところが、やはり通常の石鹸にはない効果が期待できるのです。

デリケートゾーンのセルフケアには専用石鹸がお勧め

そこで気になるのが、通常の石鹸との違いです。結論から申しますと、専用石鹸はペーハー値が弱酸性になっており一般の石鹸の場合にはアルカリ性の性質になっています。デリケートゾーンを洗う際に、この弱酸性とアルカリ性の違いがどのように影響をしてくるのかということについて申し上げてみたいと思います。率直にいえば、アルカリ性の性質を持った通常の石鹸やボディーソープでデリケートゾーンを洗ってしまうと、洗浄力が強すぎるために膣内に常駐している常在菌まで洗い流してしまうのです。一方、専用石鹸の場合には、常在菌を洗い流すことなく尿やオリモノなどの汚れだけを落としてくれるという効果が期待できます。それでは、膣内に常駐している常在菌を洗い流してしまうとどんな問題が発生するのかという点も気になるところです。それは、膣内には常在菌がいつも常駐しながら、ばい菌や雑菌が膣内に侵入しないように守ってくれているのです。ところが、そんな大切な役目を担っている常在菌を洗い流してしまうと、たちまちばい菌や雑菌が膣内に侵入してしまう恐れがあるのです。もっと分かりやすく言えば、いつもは警備員を雇って犯罪者が家屋に浸入しないように守ってもらっているのに、警備員を解雇してしまうということと同様の話です。そのため、ばい菌や雑菌が膣内に侵入してしまうと、ニオイが酷くなったり乾燥肌になって痒くなったりしてしまう可能性があります。そうしたことからも、毎日お風呂でデリケートゾーンを洗う際には、こうした専用の石鹸を使うとその後の美白クリームとの相乗効果が期待できるのではないでしょうか。

デリケートゾーン専用の石鹸の種類について

それでは、デリケートゾーン専用の石鹸にはどのような商品があるのかという点も気になるところです。そこで数点専用商品をご紹介してみたいと思います。例えば、シークレット・ジャウムウソープやジャムウ・ハーバルソープ、ペマエンジェル・レディハート、アンボーテ・フェミニーナウォッシュといった専用商品が販売されています。こうした商品のいずれにおいても、ニオイや痒みを抑えるという効果だけでなく、メラニン色素を抑えて黒ずみを解消する効果も期待できるようになっています。またこれらの商品の使い方ですが、通常の石鹸のようにナイロン製のタワシタオルでゴシゴシと洗う必要はありません。膣内には常在菌による自浄作用があるので、専用商品の泡で膣内及びデリケートゾーン全体を泡パックするような要領で使用するのが望ましいといえます。ちなみに泡パックの状態にして放置する時間は、3分から5分程度です。そうすることで、泡パックが尿やオリモノなどの汚れだけを浮かせて洗い流してくれるようになっています。もちろんそれだけでは泡が落ちることはないので、最後は弱めのシャワーで泡を全部洗い流すようにします。こうした洗い方が、膣内に常駐している常在菌を洗い流すことなく、膣内の自浄作用を保つ最適な方法であるといえます。