デリケートゾーンの黒ずみには専用の石鹸がお勧めという口コミが多い

デリケートゾーンの黒ずみの正体とは?

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためには、日頃からのケアが大切です。とりわけその正体は、皮膚に蓄積されたメラニン色素です。このメラニン色素が、皮膚が黒ずんで見えるそもそもの原因となっているのです。ところでこのメラニン色素ですが、あまりピンとこないという方は日焼けを連想すると一番分かりやすいのではないでしょうか。とくに日焼けの場合には、太陽光線に含まれている紫外線がそもそもの日焼けの原因なのです。従ってその場合、一概にメラニン色素を悪者扱いするのもよくありません。何故ならば、紫外線を浴び過ぎると皮膚のDNAすら破壊してしまう程の威力があるために、メラニン色素が紫外線による破壊活動を阻害してくれているのです。そういう意味においてメラニン色素が生成されるというのは、皮膚を保護してくれるという役割も持ち合わせているので有り難い防衛反応であるということもできるでしょうね。

デリケートゾーンの黒ずみは下着による刺激が原因

こうした紫外線が原因となってメラニン色素が生成されるという仕組みは、デリケートゾーンの黒ずみの原因とは多少違うかもしれません。何せデリケートゾーンといえば、下着をいつも身に着けているので紫外線を直接浴びるということはまずあり得ない話です。それこそ、ヌーディストビーチにでも行かない限りは、デリケートゾーンが紫外線を浴びることはないでしょうね。それはともかくとして、毎日小さな下着を身に着けている方の場合には、それこそデリケートゾーンへの締め付けが強いので黒ずみの大きな要因となっていることは間違いありません。あるいは、お風呂でナイロン製のタワシタオルでゴシゴシと毎日洗っている方もいらっしゃるかもしれません。もちろんその場合においても、刺激が強すぎるので黒ずみの原因となっているでしょうね。従って、ネットの口コミ情報などを拝見していると、下着をもっとゆったりとしたものに取り換えたとか、コットンやシルク製の下着に変えたという方もいらっしゃいます。とくに下着は、お風呂に入る時以外は年中常に身に着けているものでもあるので、デリケートゾーンの黒ずみには大いに関係しているでしょうね。

デリケートゾーン専用の石鹸や美白クリームは大切

こうした下着とは話が変わりますが、口コミ情報の中には、デリケートゾーン専用の石鹸で泡立てながら汚れを落としているという方もいらっしゃいます。このお風呂で身体を洗う際にも、通常の石鹸を使うよりも専用の石鹸を使うほうが黒ずみを解消するには都合がよいのです。といいますのは、通常の石鹸はアルカリ性であるのが一般的となっています。そのため、洗浄力も相当高いということがいえます。一方、専用の石鹸の場合には、弱酸性になっておりちょうど膣内のペーハー値と同じになっているのです。そのため、膣内に常駐している常在菌まで洗い流してしまうことはありません。その代り、通常の石鹸で膣内を洗ってしまうと、当然のことながら常在菌まで洗い流してしまう結果になるのです。そういう意味では、専用の石鹸を使うのが望ましいといえます。おまけに、尿や恥垢・経血・汗などは洗い流してくれますが、それ以外の常在菌まで洗い流してしまう心配も要りません。そうしたことからも、セルフケアやプロケアに限らず女性の方はどなたも専用の石鹸を使うのが望ましいのです。こうしたことは、ネットに掲載されている口コミ情報などにもよく書かれています。もちろん常在菌が洗い流されたとか洗い流されなかったという実感は伴いませんが、使い続けることによってニオイが軽減されたとか、痒みが治まったといった口コミ情報は度々掲載されています。さらに自宅でのセルフケアで大切なのは、お風呂で身体を洗った後のスキンケアです。幸いにもデリケートゾーン専用の石鹸と同時に、黒ずみを解消してくれるような美白クリームもいろんなメーカーから発売されています。こうした美白クリームには、メラニン色素の生成作用を抑えてくれる美白成分やターンオーバーサイクルを正常にさせてくれる保湿成分が配合されています。そのため、美白クリームをすでに使っているという方の口コミ情報にも、徐々に黒ずみが軽減されるようになったという方もいらっしゃいます。ただし、はっきりとした効果は実感できないかもしれませんが、痒みやニオイがなくなったといった口コミもよく掲載されています。